お洗濯の時の柔軟剤!香りをより残すためにやっておきたいこと!7選

通常のお任せコースなどで洗濯機を回すと脱水時間は7~9分費やすものもあります。でも、柔軟剤の香りを残すためには脱水時間は2~3分で良いのです。またタオルなどをフワフワに保つためにも短めをおススメします。

脱水をする直前に数分間洗濯物を柔軟剤につけ置きしてみましょう。この一手間でかなり柔軟剤の香りを残すことができるでしょう。

0 00lidea.today

乾燥機にかけると柔軟剤の香りはなくなります。そんな時は乾燥機に入れる用の柔軟シートがあります。これは静電気も防いでくれる優れものなのです。ただ外干し後に乾燥機を利用する際はシミの原因になるので控えましょう。

0 00lidea.today

柔軟剤の香りを強く楽しみたいという思いから規定量より多く入れたくなりますよね。柔軟剤は多く入れれば香りが強くなるということはありません。洗濯量に合った柔軟剤を入れましょう。入れ過ぎはシミの元にもなります!

0 00top.lion.co.jp

洗濯物の量が多いとすすぎの際、柔軟剤が全ての衣類に行き渡らず香りを楽しむことができません。天気が悪かったりする時期は2日に1回のお洗濯!となってしまいがちですが、可能な限り毎日回しましょう。

0 00daitoku5610.com

洗濯物はお日さまに当てて天日干しした方が気持ちが良いですよね。でも柔軟剤の香りを残すためには実は部屋干しのが良いのです。また部屋干しをすることで部屋の中にも良い香りが広がって一石二鳥なのです。

0 09www.richell.co.jp

1番効果が感じられるのがやはりスプレーです。最近では柔軟剤と同じラインで香り付けスプレーが売っていますが、自分でも作れちゃいます。柔軟剤1に対してお水2で出来上がりです。乾燥時にひとスプレーしてみてはいかがでしょうか?